2015年6月30日火曜日

六月二十八日 黒雲あらわる

俄にかき曇り、瞬く間に大粒の雨。私は高い塔から雲の様子を眺めていた。
遠方で数頭の長頚鹿が空を仰ぎ見ている。
そこに、とりわけ黒い雲があらわれ、長頚鹿を一頭、また一頭と、産み落とした。
長頚鹿は、大きな群れとなり、喜びを溢れさせながらどこかに消えていった。

 横浜マリンタワーにて

2015年6月23日火曜日

六月二十三日 忠実な扇風機

寝ている間だけ、扇風機使おう……と横になった午後。スイッチを入れても扇風機は動かない。
ウサギ曰く「ほんとに寝ないと動かない。『寝てる間だけ』って言ったから」。
なかなか寝付けない午睡。

2015年6月20日土曜日

六月二十日 天の恵み

天から米が降ってくるという予告があった。そういえば、そろそろ米が少なくなってきた。「どこから見ているのだろう?」と思ったけれど、天から見れば一目瞭然である。さもありなん。
ともかく明日は米が降る。大笊小笊、取り揃えて米を待つ。

2015年6月14日日曜日

六月十二日

カラスが枇杷を食っている。黒い体に枇杷の色が眩しい。
少年がカラスを威嚇している。枇杷を食うカラスが許せない。少年は黄色い学童用の傘を武器に、カラスを脅しているが、カラスはまったく意に介さない。私も少年を援護する。が、やはりカラスは素知らぬ顔。

枇杷の木は大きく、枇杷の実までは手が届かない。私と少年は、カラスが羨ましい。

2015年6月4日木曜日

六月四日 絵具

小さなサンプル瓶をポケットに詰め込んで出掛ける。紫陽花を探して歩く。見つけたら、スポイトで色を吸って、サンプル瓶へ。赤、青、紫。同じ色はない。
ときどき、カタツムリに睨まれるが気にせず挨拶をする。
紫陽花の絵具、今年は十六色集まった。まずまずだ。どんな絵を描こうか。