2014年1月26日日曜日

奇行師と飛行師16

「森は遠いのかい?」


と鯨怪人が尋ねると、駱駝の瘤姫はウインクした。「近道があるのよ」


砂埃がひどく前が見えない。息も吸えない。


歩みの遅い蝸牛男はついていくのに精一杯である。粘液に砂がついて、不快極まりない。


もうこれまでだ、と蝸牛男が思った時、瘤姫の声が聞こえた。「着いた!」


さっきまでの砂漠とは打って変わった景色が広がっていた。広葉樹、木々を揺らす風。


「どうやってここまで来たのか、さっぱりわからない」


蝸牛男がつぶやくと、瘤姫は蝸牛男についた砂粒を鼻息で吹き飛ばしながら言った。


「あら、わからなかった? 砂漠を潜って来たのよ? 昔、蟻地獄男爵に教えてもらったの」


「誰だその、男爵っていうのは!」


鯨怪人が嫉妬で潮を吹く。



2014年1月13日月曜日

奇行師と飛行師15

奇行師の言葉を固唾を呑んで待つ一行。


「ここからは、徒歩で行く!」


しかし、これは大いなる間違いだったのだ。砂漠に慣れた瘤姫、図体の大きい鯨怪人、飛行可能な飛行師、初戦は人間の奇行師、結局は蝸牛の蝸牛男が、足並みを揃えて歩けるわけがないのだった。


「奇行師さーん、どこを目指せばいいのー?」と先頭の瘤姫が振り向いて奇行師に問う。


奇行師はありったけの大声とパントマイムで答えた。


「森へ!」



2014年1月5日日曜日

声がする

 押入れに埃だらけの瓶を見つけて、自分の部屋に置いた。
「これ、ちょうだい」と言ったとき、母は少し苦い顔をした。
「おじいちゃんのウイスキーの瓶。そんなものどこで見つけたの?」
 私は祖父が大好きだったが、母はそうではなかったようだと、このとき気がついた。
  祖父は、よく本を読む人だった。老眼鏡を掛け、胡座をかいて難しい本を読んでいた。私がせがむと、祖父は読んでいる本をボソボソと抑揚のない声で読み上げ た。小説などではなく、何かの専門書のような本が多かったと思う。もちろん内容はわからなかったが、祖父の声は不思議と心地よかった。
 今にして思えば、母にとってはそれも気に食わなかったことの一つだったのだろう、「おじいちゃんの邪魔をしちゃダメよ」とよく叱られた。
  祖父の瓶を傍らに置いて、本を読む。最近は探偵小説が好きだ。おじいちゃんに聞かせるつもりで声に出してみる。探偵小説は祖父の好みではないかもしれない と心配しながら読み続けていたら、不意に自分の声と祖父の声が入れ替わった。祖父の声で、ボソボソと読む。心地よく物語が染み渡る。
 「ご飯よ」と、呼びに来た母の顔色が悪い。


 


++++++++++++


玉川重機イラスト超短編投稿作 「イラスト3」