2013年12月26日木曜日

奇行師と飛行師14

「奇行師と、飛行師と、蝸牛男。こちらが麗しの瘤姫。おっと奇行師、触るなよ」


鯨怪人が大雑把な紹介をすると、奇行師は駱駝の瘤姫の手を取って言った。


「我々とともに奇人変人のキャラバン隊を組もうではないか」


「よろこんで!」と瘤姫が応える。


 


飛行師は、「背中が重たくなるのはもういやだから、鯨怪人に乗っていこう」と提案した。


蝸牛男は、「せっかくの砂漠の旅なのだから、瘤姫に乗るのが風情だ」と言った。


奇行師は、「隊長の命令を聞け! ひゃっふへイ!」とハイヒールを振り回した。



2013年の更新はこれで最後です。ありがとうございました。


今年は年始にminneでの豆本通販開始、昨年に引き続きまめほんchor.の活動もできました。


角川のツイッター小説コンテストを活用して、とりわけ短い作品の棚卸しなどもしました。


NOIFprojectの作品集も作りました。


 


夏頃にはブログの更新を落として、とある企画に向けて執筆に励みました。


水面下で準備を進めてきましたが、そろそろ本格的に形になる、はず。春頃発表目指してがんばります。


 


来年もぼちぼち続けますので、よろしくお願いします。


2013年12月17日火曜日

奇行師と飛行師13

「なんだ、鯨怪人は砂漠でも泳げるのか」


と、蝸牛男ががっかりしたように言う。


「砂漠を泳ぐ鯨怪人、実に奇っ怪でよろしい」


と、奇行師は頷いた。


「ところで瘤姫って美人なのかしら?」


と、飛行師は速度を上げて、鯨怪人を追いかけた。


近付くと、巨体をさらに大きくした鯨怪人が、巨大な駱駝の瘤姫の周りを嬉しそうに泳いでいた。


時折、砂を吹き上げて喜びを表現している。


「皆、久方ぶりのランデヴーを邪魔しないでくれ」


「あら、鯨怪人そんなこと言わずにお友達を紹介して」



2013年12月9日月曜日

奇行師と飛行師12

鯨怪人が「駱駝の瘤姫を探す」といって聞かないので、変人奇人の一行は砂漠を延々と飛行していた。


飛んでも飛んでも砂漠しか見えない。奇行師は口数が減り、飛行師は何度も墜落しかかった。蝸牛男は相当に参っていて粘液も乾き、顔色が悪い。鯨怪人は、うわ言のように「瘤姫瘤姫」とつぶやき続けている。


「駱駝の蜃気楼が出た」


奇行師の指すほうを見ると、そこには揺らめく巨大な駱駝。


「瘤姫!」


鯨怪人が砂漠に飛び込み泳ぎ始めた。


 



2013年12月4日水曜日

奇行師と飛行師11

優雅に海上すれすれ飛行しているはずだった飛行師が、いつのまにかフラフラ飛行になっていた。


「しっかり飛べ! 次なる変人を見つけるのだ!」と背中に乗せた変人トリオにドヤされる。それもそのはず変人三人が背中の上で酒盛りをしているのだ。


酒を嗅いだだけで酩酊する飛行師、立派な酔っぱらい飛行である。うとうととしてハッと目覚めるを繰り返すこと幾度、そこは砂漠だった。


「砂漠だ! 砂漠だ! 我が初恋の人、駱駝の瘤姫は今何処!」


鯨怪人が叫んだ。