2013年2月24日日曜日

雨雲からの眺め



「雨雲に乗ってみないか」

と誘われた。青い雨合羽と長靴を履いた男の子が訪ねてきたのだ。

「それは、危なくないのか? 雲から落っこちたり、雷に感電したり」

私は冗談のつもりで質問したが、男の子は「大丈夫だ。乗るんだな」と言って、同じような雨合羽と長靴を差し出した。

おれはそれを着て、男の子に付いて歩いた。

そんなに長く歩いたわけではないのに、すぐに知らぬ景色となり、いつのまにか雲の上に着いていた。雲の上というのはもっとフカフカしているのかと思っていたが、そんなことはなかった。

「よく来たな」

と、男の子の父親と名乗る人に歓迎された。

雲雲の合間から町を見下ろした。すっかり夜になっていた。

夜景は美しいが、どこか物悲しい。ここは見上げると、宇宙だ。

翌日も雨を降らすのを手伝い、男の子と遊んだ。

時折、地上が恋しくなるが、まだ当分帰らないつもりだ。


2013年2月19日火曜日

夜と朝を渡る橋



夜はゆっくりと橋の上を歩く。星々を眺めながら。

流星に挨拶をしようとするけれど、成功したことはない。

橋は美しい螺鈿の細工が施されている。毎晩歩いても飽きることはなかった。

橋を渡り終える頃になると、夜は朝と名を少しずつ変えていく。

靄の中から朝の足取りがはっきりしてくる頃、向こう岸へ辿り着く。


2013年2月14日木曜日

無題

娘は樹木と結婚するという。


子供の頃から仲良くしていた樹だから異存はない(こともないが)。


許しを出すと、娘は樹木を切り倒し、小さな家を建て、子供を生んだ。


雨風から守ってくれる夫が居て幸せだと娘は言う。


孫はすくすく育っている。どんぐりが大好きな男の子だ。



2月14日ついのべの日 お題



無題

「ちちんぷいぷい」とおまじないをかけたら、照れくさそうに笑った。こないだ私が転んだとき、そうしてくれたから。


道は続く。小石を時々見落とすのは、仕方がない。


あんまり転ぶと痛いから、ゆっくり歩こうと呟いた。


そうしましょう、と繋いだ手をきゅっと握り直す。



2月14日ついのべの日 お題


2013年2月12日火曜日

足跡

雪の上に、見慣れぬ足跡が残されていた。


鹿だの兎だの、ここいらにいる小獣の足跡よりもずっと大きく、もちろん人間のものでもなく、私はそれを見て「象」を思ったのだった。


足跡は大きな割に浅い。象が雪の上を歩いたら、もっと深い足跡になりそうなものだ。


そんなことを考えながら、足跡を追って歩いた。


果たして、象が居たのだ。


象は、動物園でしか見たことがないが、アフリカゾウやインドゾウとは違うように思う。


銀色によく輝く、雪の積もった晴れた昼間に実によく似合う象である。


そして、人語を話した。


「見つかってしまった」


象は照れくさそうに鼻をよじらせた。


「足跡を見たものだから」


「雪の上を歩いてみたかったのだ」


そうして私はしばらく銀色の象と遊んだ。背中に乗ったり、鼻を撫でたりした。


「そろそろ帰らなくてはいけないな」


と、象と私は呟いた。私は家に、象は空の向こうの銀色の森へ帰った。



2013年2月6日水曜日

鍋の謝罪

「申し訳ありません」


と、火から下ろした鍋が呟いた。


「え?」


聞き返すと


「申し訳ありません。火の通リが不十分で……」


あら、それならもう一度、火にかけるから大丈夫、教えてくれてありがとう。


鍋を火に戻すと


「私が未熟なばっかりに」


とまだぶつくさ言っているので、その日の煮物は黙って食べることにした。



鍋を買おうとしているのですが、目的の鍋が品薄らしく、


注文すると「在庫切れのためキャンセルとさせて頂きます」のメールが来て悲しんでいるのです。


既に持っている鍋をちょうどよく使っているので大きさ違いの物を買おうとネットで注文したわけです。


で、もう2回も品切れでキャンセルされてしまいました。


まあ、別に高級ブランド鍋ではないので、似たようなものを探せばよいのですが。


2013年2月3日日曜日

行方

 「私はどこへ行くのか」
 少女は遠くなる地球を眺めながら宇宙に訊ねる。答えは返ってこないと知りながら。
 どこかの星に辿り着くかもしれない。延々とと宇宙を漂うかもしれない。「すべては宇宙の御心次第」と、決まり文句のように大人たちは言った。
 少女は、宇宙に捧げられる生贄としてカプセルに乗っている。
 人々は宇宙を崇めた。いつからか宇宙に生贄を捧げる習わしが始まった。少女には不思議なことだった。宇宙を崇めたり、宇宙に祈ったりすることが、滑稽に思えた。三十年に一度の生贄を選ぶ年が来ると、少女は真っ先に手を挙げたのだった。
 幾光年経っただろう。夥しい数の星に衝突した。が、生贄を受け取る星は、なかなか現れない。
 ふと、遠くに微かな光を見つけ、少女は呟いた。
 「行かなくては」
 その言葉を聞き、カプセルは軌道を変えた。まだ一度も使われたことのない宮殿に向かって。


 


++++++++++++


SFファン交流会出張編投稿作



私の祖母は、豆まきで怪我した鬼たちを家に上げて手当する人だった。


鬼は子供の私よりもだいぶ小柄で、豆が当たった所が痛いと言って、めそめそ泣いている。


ほとんどの人の目には見えないのに、こんなに小さいのに、どうして人々が適当に蒔いた豆に当ってしまうのだろう。


不満のような疑問のようなことを言うと、祖母は、「鬼だからねえ……」とニコニコしながら、鬼たちを赤ん坊のように抱いて撫でる。


祖母が他界してからは、私が鬼の手当をしている。消毒液と、絆創膏をたくさん用意して。


早速、鬼の泣きべそが聞こえてきた。



2013年2月1日金曜日

隣の部屋

老人の鼾が聞こえる。一日中、規則正しく。


起こしてはいけない。と、私は物音を立てないように暮らす。


いつかそれが途切れるのではないか。と、私は耳を澄ます。


この部屋に暮らし始めて、もう七年になるだろうか。


老人の鼾が聞こえる。