2012年2月28日火曜日

海の怪物

大海蛇は、真上を通った大きな船に気づいて目を覚まし、ちょっと伸びをしただけのつもりなのだが、海の上は大騒ぎになってしまった。


謝る術もないので、また眠ることにする。



なぜだか23日の「アンソニー猿」が非公開になっていた。へんなの。


2012年2月27日月曜日

子守をする小馬

小馬が走ると子供も走る。


背に乗せた子供が眠る。小馬はゆっくり歩む。


子供が泣けば、尾で頭を撫でる。


夕焼け空に向かって小馬が歌う。子供も歌う。


子供はいつでも歌を歌うけれど、小馬が歌えるのは草原に日が沈みきるまでの短い間だけ。


お日さまがちょっぴり油断しているその間だけ。


日が沈めば、子守はお月さまに交代だ。



2012年2月26日日曜日

飛行機と鷲

飛行機と競争するのに飽いた鷲は、飛行機に乗って昼寝することを覚えた。


雛鳥への教育必須項目に「大鉄鳥のエンジンに巻き込まれないの法」が加わった。



2012年2月23日木曜日

アンソニー猿

アンソニーという種の猿がいる。
オスもメスも、ヒトの少女のような容貌で、セミロングの黒髪、白いブラウスと黒いスカートを履いている。
見惚れて視線が合うと、アンソニーは無言で貴方に寄ってきて、擽る。
擽ったくても、声を出してはならない。声を出したらアンソニーは貴方が絶命するまで擽り続ける。
もしも声を出さずに耐えることができても、アンソニーは他の誰かと視線を交わすまで、貴方を擽り続ける



今日は、「鳥獸蟲魚の生態」のタイトルではありません。


2012年2月21日火曜日

動物の保護色

小さなカメレオンが今にも落ちそうな葉っぱの上でポーズを取る。上手に葉っぱ色に似せることができていると、非常に満足している。


 


リーフフィッシュはくすぐったい。このケッタイな小さな生き物をリーフフィッシュは知らない。


 


カメレオンが海に潜ったのか、リーフフィッシュが枯れ木に絡まったのか、それはお月さんだけが知っている。



2012年2月19日日曜日

針鼠と蛇の喧嘩

啓蟄。


「やあ、蛇。ぼくのごちそうになる気はないかい?」


「おはよう、針鼠。ずいぶん旨そうなツラをしてるね」


そんな会話を交わして、針鼠は蛇を、蛇は針鼠を食べようとした。


が、お互いがお互いを食おうというのだから、これがうまくいくわけはないのだ。


「まず、オレがお前を食べるよ、針鼠」


「いいや、ぼくが先だよ、蛇」


喧喧囂囂。


針鼠は困っていた。蛇が絡まって解けないのだ。


蛇もまた困っていた。針鼠が刺さって動けないのだ。


多くの獣や鳥が見ていたが、誰も二人を解き外す術を知らない。


 



2012年2月16日木曜日

狐狩り

英国紳士たちが首を傾げるのは、このところめっきり狐が捕まらないからなのである。


どんなに猟犬を増やしても、どんなに立派な衣装に着替えても、狐が全く見つからない。


犬たちもずいぶん苛苛している。


というのも、ある狐がニッポンに留学して、犬に化けることを覚えてしまったからなのだ。


教える方も習う方もずいぶん優秀な狐で、犬の鼻をも化かすことができるという術を身につけ、帰国後に英国中の狐に広めてしまったそうである。


 


「狐に化かされた」という言葉は、まだ輸入されていない時代の話だ。


 



2012年2月12日日曜日

雁の大將

長い道のりを歩いて、雁の群れを迎える。


赤い空に点点とした群れを見上げる。次第に輪郭がはっきりしてくる。


大將を筆頭にめいめい場所を見つけて降り立った。


「よく来たね」と人が言う。


「互いに、遠路遥々」と雁が鳴く。


 


 


家離り 旅にしあれば 秋風の 寒き夕に 雁鳴きわたる


万葉集 巻7-1161



2012年2月7日火曜日

いつも空腹の時計

その時計は地下道の壁にチューブで繋がれている。


ここを通る人間は少ないから、時計を見る人などほとんどいない。


しかし、時計が休むことは許されず、休みたくとも動いてしまうのが時計というものなので、時計は律儀に時を刻んでいる。


この時計は電力もゼンマイも必要とせず、しかしそのかわり、ミューズリーを食べないと動かない。


チューブの先は、ローズマリーさんの家に繋がっていて、毎朝決まった時間に、前夜からミルクに浸してあったミューズリーを大量に流し入れてもらう。


うっかりローズマリーさんが寝坊したときには、目覚ましのベルを鳴らして起こすのだ。


チューブから鳴り響くぼんやりとした目覚ましベルで、ローズマリーさんはノソノソと起きだし、不運にも地下道を歩いていた人はあまりの大音響に、数日間は頭痛が治まらない。



2012年2月3日金曜日

みんな溺れ死ぬ狐猿

もれなく溺死するという動物がいるそうだ。狐猿という。


彼らは、雲から生まれる。雲は、夥しい数の狐猿を生み落とす。ココアの滝が、年に一度だけ現れるのとほぼ同時に。


雲からボタボタと生まれた狐猿は、ほろ苦く甘い香りを頼りに大地を埋め尽くしての大移動をし、そのままココアの滝へ雪崩込む。


 


ココアは、熱い。


だから本当は溺死ではなくて、火傷死かもしれない。



いやー、レミングのことを「狐猿」とした昭和五年に驚きました。


(一連のタイトルは『鳥獣蟲魚の生態』加宮貴一という本から借りています。)


今「狐猿」と言われたらマダガスカルを思い出しますが、本を読んだら「北ノールウェーの山嶽地方」と出てきたものだから、「?」となりました。


「キツネザル」「レミング」のどちらのイメージで書いてよいのか、わからなくなり、困りました。


まあ、どんな動物でも、すごくフィクションで書いているのですけれど。


2012年2月1日水曜日

奇怪な牡蠣

すでに岩にびっしりと付いている牡蠣だが、実は一日一匹づつ増えていることを、レオナルド・ションヴォリ氏だけが知っている。
牡蠣たちは、氏が数え間違えないかと、固唾を飲んで岩に付着している。



ものすごく久しぶりにションヴォリ氏が出てきました。
今読むと、微妙なのですが、キャラクターたちは案外よく動いてくれます。