2003年7月30日水曜日

どうして酔いより覚めたか

また小父さんがココアで酔っ払った。小父さんはフラリと外へ出ていき、コウモリが後を追った。
「ココアのいたずらにひっかかるなんて、だらしがないねぇ」
{さようなことは言いなさんな}
フクロウが笑った。
ぼくはほかほかしてくるのを感じながらまくしたてる。
「らって、おじしゃんなんらから、おしゃけでよっぱらうのがほんとうれしょ」
{ほら、口がまわってない}

すっかり酔いが覚めて戻ってきた小父さんはぼくを見て大笑いした。
でもぼくは小父さんのように数十分では覚めなくて
はちみつ入りホットワインを飲まされた。

2003年7月28日月曜日

月の客人

「ラングレヌス」
小父さんがコウモリ傘を差して降りてくる、そのシルエットは毎晩見ていても飽きない。
でも今日はちょっと違うぞ。なんだか大きな荷物でも抱えているような。

小父さんが抱えていたのは、赤ん坊だった。
「預かっていたのだが、連れてきてしまった。……あー最近知り合ったんだ。当たり前だな、生まれたばかりなんだから」
小父さんは小さなお客さんの接待に戸惑っているらしい。そんな小父さんにかまわず赤ん坊は言った。
「お初にお目にかかります」
スッと差し出された手は力強くぼくの指を握った。
「ハジメマシテ」
「何して遊びますかな?……その前にミルクを頂戴できますか?熱すぎないように温めて下さると有り難い」
ちょびっとのミルクを程よく温めるのはなかなか難しい。小父さんが様子を見に来た。
「だいじょうぶ。もうすぐできるよ……あの子、ずいぶん丁寧な赤ちゃんだねぇ」
小父さんはキョトンとして答えた。
「何?ただエンエンとうるさく泣いているだけではないか」

2003年7月26日土曜日

ニュウヨークから帰ってきた人の話

「アタシね、長いことニュウヨークにいたの」
マネキンは斜め上を見上げたまま言った。「ニュウヨークではじめて着た服はワインレッドのスカート。通りを歩くたくさんの人がみんなアタシを見るの」
ニュウヨークもワインレッドもよくわからなかったけど、マネキンが昔は違う町にいたことが、ぼくには驚きだった。
「毎週違う服を着たのよ。でも今は一年中空色のワンピース。ずっと同じポーズのままで……でも、アタシここが好き。坊やとおしゃべりできるもの」
ぼくはどう答えたらいいのかわからなくて「うん」とだけ言った。

2003年7月24日木曜日

真夜中の訪問者

寂しい道化師が部屋にやってきたのは一時くらいだと思う。
どこかの家の時計がボーン、と一度だけなったのが聞こえてまもなくだったから。
ぼくはそのまま寝たフリをしていた。
道化師は、ぼくの頭をそっと撫でていた。
しばらくそうした後、少し踊った。薄目を開けて、そっと見ていたんだ。
道化師は音を立てずに踊る。まるで誰にも踊っているのを気付かれたくないみたいに。
それからもう一度ぼくの頭を撫で、おでこにキスして帰っていった。

2003年7月22日火曜日

自分によく似た人

彼はわざわざ帽子を脱いで話し掛けてきたのだった。
「坊やかい?お月さまと毎晩遊んでるのは」
やさしそうな男の人だ。
あつらえ物だろう、仕立てのよさそうな服を着ている。
白髪の混じる頭からはびっくりするぐらいいい匂いがした。
「ハイ」
どきまぎして答えた。
「私もきみくらいのころよく遊んだんだ……達者にしているのだろうね、お月さまは」
「はい、とても」

その晩、昼間の紳士のことを話すと小父さんはとても喜んだ。
「そういえば少年は子供の時の彼とよく似ているなあ!」
ぼくは小父さんに頭をわしゃわしゃと撫でられた。

2003年7月21日月曜日

THE WEDDING CEREMONY

真夜中というのに人が大勢集まっていた。
人々をぐいぐい押し分けて輪の中に入っていくと白くやわらかな物にぶつかった。
ぼくは顔をあげて青くなった。結婚式だ。
なんと白いドレスの花嫁さんにぶつかってしまったのだ。
小父さんがぺこぺこしながらぼくを連れ戻しにきた。
花嫁さんは小父さんの顔見るなり声を上げた
「まあ!あなたは!」
となりにいた新郎が続けた。
「お月さま!なんて光栄なことだろう。ぼくたちは、月明かりの下で結婚したくてわざわざ満月の夜を選んだのです。」
小父さんが照れると、月光は一段と明るくなった。

2003年7月20日日曜日

銀河からの手紙

朝、ポストに不思議な封筒が入っていた。
文字は見たこともなく、切手は真っ黒だ。
ぼくは部屋に戻り、封を開けてみることにした。
文字は読めないけど、ポストに入っていたんだから
ぼく宛に違いない。
ところがペパーナイフを使ってもハサミ使っても、破ろうとしても封筒は切れない。
あちこち触ってみた。なにか切り口がないかと思って。
そのとき、封筒は音もなく開いたのだ。
(あとで知ったのだけれど黒い切手がスイッチになっていたんだ)
でも、やっぱり便箋に綴られた文字を読むことはできなかった。

その晩、ぼくは小父さんにその手紙を見せた。
「銀河からだ」
小父さんは手紙を読み上げようとして、やめた。
「少年には必要のない手紙だ」
「でも、ぼくに来たものだ!」
「これは……私の悪口が書いてある。銀河め、なんてことを!」

2003年7月17日木曜日

A HOLD UP

「手を挙げろ!さもないと撃つぞ」
ぼくは人差し指と親指をピンと立て相手に向けた。
チームブラックキャットは宿敵ムーンライトをついに追い詰めたのだ!
ギャングごっこの佳境に入っていた。
でもムーンライトのボス―つまり小父さん―はなかなか手を挙げない。
「もう一度だけ言う。手を、挙げろ」
「私の負けだ、ブラックキャット。好きにするがいい」
「えー、ちゃんと挙げてよ。ここがいいところなんだから!いい?やりなおし……手を挙げろ!」
小父さんがしぶしぶ両手を挙げるとバラバラバラ…と音がして
足元に金平糖が散らばった。

2003年7月16日水曜日

AN INCIDENT AT THE STREET CORNER

「ごめんなさい!」
その角を曲がろうとしたぼくは女の人にぶつかった。
「こちらこそごめんあそばせ。あら!坊やじゃない」
ええ?こんな女の人の知り合いはいないはずだけど。
ぼくがぽかん、としていると女の人は言った。
「やだ、わからない?アタシよ」
彼女は空色ワンピースを翻してポーズを作って見せた。
「あ、マネキンの……でもどうして?」
マネキンはニッコリとした。
前におばさんって呼んだことをちょっぴり後悔した。
ぼくは、まだポーズを作ったままのマネキンをよけて角を曲がり
ショウウィンドウが空っぽなのをしっかり見てから
マネキンのところまで戻った。
「どうして動けるのかアタシもわからないの。そうだわ、ね、坊やデートしましょ」
マネキンはさっきよりももっとニッコリした。
でもデートはできなかった。マネキンは次の角を曲がったところでただのマネキンに戻ってしまったのだ。
ぼくは10cmも背の高いマネキンを担いでショウウィンドウまで運ばなければならなかった。
マネキンはぼくに担がれながら、すごくすごく泣いた。
ぼくは、女の人がこんなに泣くのを初めて見た。

2003年7月15日火曜日

見てきたようなことを云う人

「あんた月だろ、俺は知ってるぞ」
ピーナツ売りと三人で喋っているところに男が割り込んできた。
小父さんは明らかにムッとしていた。
小父さんは呼び捨てで呼ばれるのを嫌っている。
「はて、あなたにお会いするのは初めてだと存じますが」
「俺は知ってる、月が□▲※△}@♪・`:☆だってな!
わっはっは!月もたいしたことはない!がっはっは」
なにを言っていたのかぼくはよくわからなかった。
笑いながら去っていく男は、いやなにおいがした。

「今日はラベンダーの香りにしておきました」
ピーナツ売りはぼそっと言った。
「気が利くね」
小父さんもぼそっと応えた。
帰り道、ぼくはバリボリ音を立てながらピーナツを食べた。
<行儀が悪いぞ、少年>とかなんとか言って欲しかったんだけど、小父さんはずっと黙っていた。

2003年7月14日月曜日

友達がお月様に変わった話

トーマとぼくは遅い朝ご飯を食べていた。
トーマはぼくの友達で、ネコだ。
トーマはピチャピチャと音を立ててミルクを飲み干すと毛繕いをはじめた。
ぼくがそんなトーマを眺めながらパンをかじっていると、トーマは毛を逆立て何かを威嚇しはじめた。
そしてすぐ、くにゃりと倒れたのだ。
慌ててぼくはトーマを抱きかかえた。
あっと言う間にトーマは小父さんの姿になってしまった。
でも大きさはネコのままだ。
小父さんを抱っこしてるなんて、すごく変な感じ。

これからぼくは黒猫に会いに行く。
ネコのことはネコに聞くのが一番だ。

2003年7月12日土曜日

THE BLACK COMET CLUB

「少年、実は明日THE BLACK COMET CLUBの会合があるので来られないのだ」
「うん、わかった。でも何なの?そのクラブ」
「私のファンクラブだ」
「小父さんのファンクラブ!?どうしてそれがブラックコメットなの?」
「いい名前だろう?会長自らが付けた名前だ」
「ふーん……会長ってどんな人?」
小父さんは誇らしげに胸を叩いた。
なんだか言いたいことがたくさんあったけど
小父さんは明日が待ちきれない、といった顔でそそくさと帰ってしまった。

2003年7月11日金曜日

散歩前

突然、扉がバタバタと開閉しはじめた。
「散歩に行こうか」
ぼくと小父さんは同時に言い、立ち上がった。
「さてと……どっちの道に行くかな。…道化師の所にでも行ってみるか」
「ぼくもそう思ってたところ」
ぼくたちは夜道をゆっくりと歩きだした。寂しい道化師のアトリエに向かって。
もちろん扉がバタバタしたのは道化師の「会いにきて」の合図だ。
でもここはあくまでも〔散歩がてら〕のフリをしてやらなけりゃいけない。
そうしないと道化師は「わざわざ会いにきてもらうなんて申し訳ない」って泣いちゃうんだから。

2003年7月9日水曜日

コウモリの家

��ラングレヌス」
いくら呼んでも小父さんがやってくる気配はなかった。
どうしたんだろう。ちょっと不安になってきた。
今までこんなことは一度もなかったから。
しばらくするとフクロウだけやってきた。
「小父さんは?」
{コウモリが来ない}
「それで来れないの?」
フクロウは頷いた。
「コウモリはどうしちゃったんだろう?」
フクロウは言った。
{コウモリの家へ!}
え?コウモリの家に行くの?
するとフクロウはたちまち大きくなった。
{さあ、わしの背中へ!}

コウモリの家は遠かった。そして暗かった。
コウモリは家で踊っていた。大きな声で歌いながら。
「心配したんだよ!」
コウモリは赤面しながら決まり悪そうにした。
本当は暗くてよくわからなかったんだけど。

2003年7月8日火曜日

黒猫を射ち落とした話

電信柱のてっぺんに黒猫はいた。
「これで射ち落とせ」
と小父さんから手渡されたのは、ピストルだった。
ぼくはその重みと冷たさに戦いた。
「……死んじゃうよ。やだ、やりたくない」
「いいから、やれ」
小父さんの顔はこれ以上の抵抗を拒否していた。
ぼくは銃口を上に向け目をきつく閉じた。
どうしよう、ぼくは黒猫さんを殺そうとしている。
塔でたくさんおしゃべりしたのに! できないよ!
「さあ」
小父さんの低い声に促されるように、引き金を引いた。 あまりにも軽い感触だった。
白い翼が生えた黒猫がゆっくりと降りてくる。

2003年7月6日日曜日

A TWILIGHT EPISODE

コンコン コンコンコン
窓を叩く音に目が覚めた。
カーテンを開くとフクロウとコウモリがいた。
「どうしたの?まだ夜明け前だよ」
{おもしろいものをお目にかけよう}

コウモリ傘を差してフクロウについて行く。コウモリは夜明けが近いからか、ちょっとふらふらしてる。
着いたところは黒猫の塔のてっぺんだった。
少しづつ辺りが明るくなっていく。
{よく耳を澄ませて}
―ほらほら、お月さん、白くなってきましたねぇ。ねんねの時間ですよ
―お日さんがうるさくて眠れませんなぁ
「喧嘩してる……」
{これが日と月、朝晩の儀式}

2003年7月5日土曜日

煙突から投げ込まれた話

小父さんはコウモリを呼ぶとコウモリ傘を右手に、左手でぼくをヒョイと抱えた。
ゆっくり地面が遠ざかる。三階の窓が目の前に来たときぼくは言った。
「ねぇ重くない?」
「なんのこれしき!」
ぼくは危うくため息が出そうになった。

ぼくたちは街をたっぷり二周した。
はじめは恐かったけど空中散歩もなかなかいい。
「よし……あそこだな」
「おしまい?」
「そうだ。少年、身体の力を抜くんだ。それ!」
小父さんはぼくを投げた。
ボールのように飛んだぼくは煙突に吸い込まれた。
「ストライク!」
遠くで小父さんの歓声がする。

2003年7月3日木曜日

月のサーカス

小父さんはサーカス団を持っていると言う。つまり団長だ。
「連れていって!」
「その必要はない。サーカスを連れてくるよ」
次の晩、小父さんは箱を持ってきた。
箱を机に置き咳払いをひとつして小父さんは言った。
「さあ、月のサーカスの始まりです」
「?」
「覗いてごらん」
「……全部、小父さん?」
箱の中では団員たちがさまざまな芸当を繰り広げていた。
玉乗り、空中ブランコ、綱渡り…よくよく見ると団員はすべて小父さんだ。
「さよう」
小父さんは胸を張って応えた。
ぼくは一晩中箱を覗いていた。ぼくだけのサーカスを。

2003年7月1日火曜日

電燈の下をへんなものが通った話

「あれ?」
「どうした?少年」
ぼくと小父さんはピーナツ売りの部屋でサンドウィッチを食べていた。
「今、電燈の下に何かいた」
「虫かなんかだろう」
「違うよ、もっと大きなもの」
「じゃあ、ピーナツ売りが手品を使ったんだろ」
小父さんはピーナツバターサンドに夢中だ。
六個目のサンドウィッチに手を伸ばしている。
おかげでピーナツ売りはキッチンから離れられない。
「あ、また!」
「お!」
今度は小父さんも気づいたみたいだ。
「少年、星を持っているか?」
ぼくは星の瓶を小父さんに渡した。
小父さんは星をひとつまみ、電燈の向けて撒いた。
「これで、よし。へんなのものは星に食べられてしまう」
へんなものを食べて星はおなかを壊さないかな、と聞いたら「知ったこっちゃない」だってさ。